筆者愛用シャンプートリートメントはこちら

「ヨジャドル」や「ナムジャ」って?K-POPファンが使う韓国語を調査

「ヨジャドル」や「ナムジャ」って?K-POPファンが使う韓国語を調査

韓国アイドルが一世を風靡する時代。遡れば東方神起やBoAなどのアーティストから始まり、Wonder Girlsや少女時代も大ブームを巻き起こしました。現代ではNew JeansやJO1など、時代の変化を感じるフレッシュな顔ぶれがK-POP業界を盛り上げていますね。

日本でも存在感を高めているK-POPアイドルですが、彼らのファンたちは、韓国アイドルの母国語である韓国語をこぞって使うようになっているんです。今では日本でもおなじみの、K-POPファンが使う韓国語を調査してみましょう。

気軽に使ってみよう!K-POPファンが使う韓国語

K-POPファンは、推しである韓国アイドルの配信や番組を見ることが多いので、自然と韓国語に慣れ親しむ機会が多いですよね。日本語と韓国語はお互いに似た単語を使っていたり、同じ発音の言葉があったりと、日本人にとっても使いやすいものがたくさんありますよ。

【ヨジャドル】女性アイドル

ヨジャドルとは、女性アイドルのことを指します。「ヨジャ」が女性で「ドル」はアイドルから取ったもの。韓国ではアイドルを「ドル」と省略することが多く、たとえば俳優とアイドルの二足のわらじで活躍する人のことを「演技ドル」と呼んだりしますよ。あなたはどのヨジャドルが好きですか?

【ナムジャドル】男性アイドル

ヨジャドルとは、女性アイドル。そしてナムジャドルは、男性アイドルです。「ナムジャ」が男性を意味しています。

【チング】友達

K-POPファン同士が友達になるとき使われるのが「チング」という韓国語。ヨジャドルとは、女性アイドルのことでしたね。チング(友達)にヨジャ(女性)をつけると、女友達…になるかと思いきや、実は「彼女」という意味になるんです。日本語とは少し響きが違うので、注意が必要ですね。

【センイル】誕生日

推しの誕生日を祝うとき「センイル」という韓国語がよく使われます。推しの誕生日にお祝いの言葉を投稿したいときには「センイル チュカヘヨ!(誕生日おめでとう)」と書いてみてくださいね。

【マンネ】末っ子

年齢や上下関係が最も重要視される韓国文化らしく、アイドルにおいても最年長・最年少メンバーには必ず「ヒョン(男から見たお兄さん)」「オンニ(女から見たお姉さん)」「マンネ(末っ子)」という肩書がつきます。BTSならジョングクさん、TWICEならツウィさんがマンネになりますね。

【カムバ】カムバックステージ

韓国で使われる「カムバ」とは、英語のcomebackから来た言葉で、アイドルたちのカムバックステージを意味します。アイドルグループがひしめき合うK-POP界では、新曲を出していないアイドルたちはメディアで目立った活動をしません。彼らが新曲をリリースし、テレビ番組に引っ張りだこになるその時期を「カムバ」と呼びます。

【ライン】年代

年功序列な韓国文化では、最年長・最年少を強調する肩書(ヒョン・オンニ・マンネなど)が使われますが、年代が分かるように「〇〇年代」という意味の韓国語として「ライン」という言葉がよく出てきます。たとえば、2000年代に生まれているメンバーであれば「00ライン」と言ったり、メンバーを年齢順に並べて最年少グループに属する数人を「マンネライン(最年少グループ)」と呼んだりします。1つのグループで下の1~2人をマンネラインと呼ぶことが多いですよ。

まとめ

ヨジャドルとは、ガールクラッシュ K-Popのような女性アイドル全般のことを指します。聞くだけでは意味が予測できないかもしれませんが、日本語と韓国語は発音や文法、構造が同じものも多いので、使い慣れればすぐに覚えることができますよ。もしヨジャドル・ナムジャドルで推しができたら、ぜひK-POPファンのチングを作って、韓国語を気軽に使ってみてはいかがでしょうか。