筆者愛用シャンプートリートメントはこちら

埋没が取れたので再手術してきました【写真レビュー】

2年6カ月前に二重埋没整形をしたのですが、ついに取れてしまいました。

 

5年保障だったので今回再手術~レビューをしていきます。

 

まだ埋没整形の記録を見てない方は↓

3点止め埋没整形の経過【写真・値段・クリニック全公開】

取れた原因を考えてみる

埋没がとれた写真がこちら↓

生まれつき右目にはかなーーり狭い奥二重の線があったのですが取れてしまうとほぼ一重といっても間違いないでしょう。

 

取れづらいという理由で3点止め、まぶたの脂肪取りまでしたのに、

 

2年6カ月という短さであっけなく片目が取れてしまった。

 

さらに左目は幅がだいぶ狭くなり、調子が悪い時はなぜか三重になることがあった。

 

なぜなのか?

 

おそらく、目の擦りすぎでしょう。

 

パソコンを毎日10時間以上みたり疲労などで目をよく擦ってました。

 

よって瞼が赤くはれてる日も何度かあり、その時はだいたい一重になってましたが、だいたい腫れがひけば二重に戻ってましたが・・

 

積み重なり、ついに戻らなくなりました。

埋没が取れる感覚は?

糸をかけてるとはいえ、

 

プチッという糸が切れる音、糸の感覚等、一切ありません!!!

 

起きたらある日突然一重に戻ってました。

予約~施術

完全予約制なのでネットで予約してから品〇美容外科に行きました!

 

今回は5年保障内なので再手術費はかかりませんでした。

 

左目の幅も最近定まらずたまに三重とかなってたのでできれば両方やり直したかったのですが

 

左目は一応まだ二重だったので再手術費がかかるということでやめましたwww

 

右目だけ再手術という話で当日施術しました。

 

取れる前と同じ幅でしたのですが、いざ手術となった時「前の埋没糸が瞼の裏から少し出てて目がゴロゴロしたでしょう?

 

このままだと眼球を傷つける可能性があるので一度前の埋没糸を抜糸した方がいい」と言われ、まずは抜糸することになりました。

 

本来抜糸するだけでも結構腫れるので新しく埋没するのは1か月ほど間隔を空けないと難しいそうですが、

 

思ったより腫れなかったと言われたので当日どちらもしました。

 

前回笑気麻酔でめちゃくちゃ気分悪くなったので今回は笑気麻酔なしにして挑みました。

 

いきなり瞼に麻酔注射うたれるのでそれはさぞ痛かったです。

 

瞼に麻酔をしたとは言え、かなり感覚と痛みがありました。今回が人生で一番痛かったです。

 

ただ、術後気分は悪くならなかったのでやはり笑気麻酔のせいだったと思われます。

 

しかし、笑気麻酔があったからこそ前回あまり痛みを感じなかったのだと痛感しました。

 

つまり気持ち悪さをとるか、痛みをとるかですね・・・私は痛みをとります。笑

 

同じように痛み止め薬と点眼薬をもらって帰りました!

 

左目が取れない状態で右目を施術したので左右のバランスがおかしくなる可能性があるとは言われましたが一重に比べたら100倍ましだと思いました。

注意
写真のサイズがバラバラだったり、加工してたり無加工だったりで左右反転してたりします。

 

若干ぐろい写真あるので見たくない方は戻るボタン押してください

経過写真

経過写真0日目

術後3時間の写メ

腫れてて瞼の溝に少し血が滲んでますが気分は絶好調。頭痛もなし。

 

ただ、目は開きづらい。

経過写真1日目

やはり朝起きると涙が固まり、目が開かないw

 

まだ幅は広く、瞼はパンパンですが痛み止めを服用することもなく経過良好です!

 

それより左目の幅がおかしいことに違和感ww

経過写真2日目

特に変化なし

経過写真3日目

 

少し腫れがひいたように思える

経過写真4日目

ここから無加工でとったので写真上では左側になります。

 

この日から目の下に黒いクマのようなもの、目の周辺が黄色・黄緑がかってきました。

 

こういう色って治ってる証拠だというので治ってはいるのですが、抜糸してまた埋没しただけでこのようになるのはびっくりしました。

経過写真5日目

 

まだ黄色がかってますがだいぶひいてきて、目も開くようになりました。

経過写真1週間

 

1週間もすればカラコンを入れるのも余裕になり、腫れもだいぶひきました。

 

でもまだ瞼を触ると溝というかボコッとした感じがあります。

経過写真10日目

加工カメラだけどパシャリ。

 

だいぶ自然になってきました。ただ私は知っている・・・これからどんどん幅が狭くなっていくということを・・・

経過写真2週間

 

2週間もすると目を閉じた時にまだ少し痕は残っているもののほぼ完成形であると言えます。

 

次は1か月後に経過写真を載せる予定です。