九州から関西まで青春18切符で行ってみた

こんにちは。かなでです。

かなで

本日は私が経験した旅行記をと・・!

 

そしてもし青春18切符で旅行を考えている人の参考になればと思います!

 

青春18切符の詳細は省略しますが、利用する人は主に、大学生の旅行とか、大学生の規制とか利用層としては大学生が多いのかなと思います。

 

現に私も大学1年生の時に利用しました。

 

2016年の夏の旅行記になります。↓↓↓↓↓↓

 

行く前の計画

大分から山陰本線を通って大阪へ(赤線)大阪から山陽本線を通って大分へ(青線)

 

その間に出雲大社と鳥取砂丘と厳島神社と岡山の鍾乳洞に行って帰ろう企画また事前にどこで乗り換えてという時刻表とある程度のネカフェの位置を把握していくこと。

 

いざ出発!

 

大分駅~中津駅~小倉駅~下関駅~小串駅始発から出発してこの時点が午後2時くらいです酔ったことと人身事故の影響で少し予定が狂いました。

 

小串駅~長門駅~益田駅~出雲市駅小串駅の時刻表を見ればわかりますがかなり電車が少なくて駅で2時間くらい待ちました。

コンビニすらなくて本当につらかったですさらに動物衝突によって電車が遅れました。

 

結局出雲市駅に着いたのは9時くらいでJRはまだありますがこれ以上進むとネカフェがないことが分かっていたので終了!

 

出雲市駅周辺のネカフェに泊まりました。

女性専用で部屋もネカフェの割に広くてシャワーもあって快適でした。

 

翌日は早朝5時出発ー!

 

出雲市駅~川跡駅~ここから畑電鉄に乗り換え、出雲大社駅早朝ということでお店も開いてなかったのは残念でしたが出雲大社をゆっくり見れたので満足です。

川跡駅~出雲市駅~米子駅~倉吉駅~鳥取駅日本海がよく見えるので左の窓側に座るとよく見えるのでお勧めです。

鳥取駅からバスで鳥取砂丘に行きました。

 

わりと人がいましたが一人で来てる人なんて私だけ・・・。

 

それでも全然気にせず砂丘を端から端まで裸足で歩きました。

真夏なので止まると暑いですけどこれは裸足で歩くべきですね!

 

ここで電車がないので鳥取で終了です。

 

鳥取駅周辺は本当にネカフェが少ないのでかなり困りました。

 

ローカルっぽいネカフェに泊まりましたが仕切りもカーテンで立つと覗けそうなくらいの高さだったので女性には少し怖いかと思います。

 

というか怖かったです。

 

なので早朝4時に出発しました。

 

鳥取駅~智頭駅~津山駅~佐用駅~播磨新宮駅~姫路駅~大阪駅

 

姫路駅はじめて下車したんですけど思ったより都会でびっくり!

 

大阪駅に着いたのが午後2時くらいでした。

 

ここで大阪の友達と合流しました。

 

大阪城のぼって、観覧車乗って、アベノハルカス?行って~っと大阪観光もできて楽しかったです。

一人は気楽でいいけど話し相手がいるのって素晴らしいなあって!

 

結局帰りは青春18切符使わずに新幹線と特急で帰りました

 

なぜそうしたかというと山陰本線の移動がかなり過酷でお尻が痛くてもうしんどくて・・・・

 

行きも帰りも山陽本線だったら行けたような気がします。

 

でも山陰本線を通ったことによって出雲大社と鳥取砂丘に行けたので満足です。

 

もし九州から関西、関西から九州、早く到着したい場合は山陽本線を通って行ったほうが良いです。

 

料金的には山陰本線を通ると日数もかかるので費用がかさむため結果新幹線で行くのとあまり変わりないと思います。

 

でもいい経験ができました。時間のある大学生にはおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です